引っ越し資金 相場

引っ越し資金の相場はどれくらい?引越し資金をうまく調達するには

引越しにかかるお金

0057bb9781fa8e48384d7d50e54c9485_s

3月~6月頃にかけて引っ越しをする人は多いものです。

引っ越しをする際はまず必要なお金を調べることが大事です。

引っ越しの際にかかる料金はどこに引っ越すか、何人分の荷物かによっても大きく変わります。

距離が遠ければ遠いほどお金は高くなりますし、運ぶ荷物が多ければ多いほど高くなります。

またどこの運送会社に頼むかによっても料金が変わってきますので、なるべく低料金で済ませたいのであれば安い運送会社をさがしましょう。

 

では引っ越しにかかるお金の相場について紹介します。

まずは3~4月の繁忙期、つまり最も引っ越しをする人が多い時期の場合です。

単身で市内に引っ越す場合は約42,000円ほどかかります。

荷物が多い場合はこれに10,000円プラスされると考えておいてください。

 

次に三人家族で引っ越す場合です。

三人家族で市内に引っ越す場合は約103,000円ほどかかるとされています。

この時期は引っ越し業者もとても忙しくなるので、料金もそれなりに高くなります。

しかし5月~2月までの期間であれば通常期となるので、上記からマイナス10,000円ほどの相場だと考えておいてください。

このようにいつ引っ越すかによっても料金は大きく変わります。

また単身で引っ越す人は荷物の量によっても値段が変わるので、自分で持っていけそうな物はマイカーで運ぶと良いですね。

 

 

引っ越しをするとなればそれにかかるお金について考えなければなりません。

引っ越しにかかる料金は引っ越しの運送会社に依頼するお金だけではありません。

それ以外にも新居に入居する際にはお金がかかりますし、引っ越し先に行くための交通費もかかります。

また引っ越し先にご近所さんがいるのなら挨拶に持っていく手土産も必要です。

そして重要なのが生活必需品です。

初めて一人暮らしをするという人はこれから電化製品や家具などを購入するでしょう。

ただこれらのものを一気に揃えるとなるとかなりのお金が必要となります。

特に電化製品は高いですし、家具も良いものを買おうと思えばそれなりにお金が必要となります。

お店に見に行くのもいいですが、ネット通販などを利用することをおすすめします。

上記に引っ越しでかかるお金の内訳を紹介しましたが、中でも特に高いお金が必要となるのが新居に入居する際のお金です。

これもどんな物件に引っ越すかによっても変わってきますが、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険代など様々なお金が必要になります。

また前家賃として一か月分の家賃を前払いしておかなければならないこともあるので、高額のお金が必要となるのです。

もし引っ越しのお金が足りないと思った時は、キャッシングなどで一時的に借りておくことをおすすめします。

生活が安定したら一気に返済してしまえばいいので、気に入った物件があればキャッシングで借りておくといいですよ。

 

 


 

引っ越し資金と住居にかかる費用について

 

引っ越しにかかる費用は意外に高額なもの。

それが単身であっても、思わぬ金額になったりすることもあります。

まず引っ越しをする際には新居を決める必要があります。

その新居を決めるには、不動産会社に行ってアパートやマンションを選ぶことになるでしょう。

物件が決まったら、そこからお金が発生します。

前家賃・敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料がほとんどの物件で必要となります。

まずはここで大きな額を支払う必要があるわけです。

物件が決まったら次は引っ越しの準備です。

引っ越しをする際には全ての荷物を持っていくという人は少ないでしょう。

まだこの先も使える物以外は捨ててしまうと思いますが、それが大きい家具などであれば処分代が必要になります。

電化製品などでも通常のごみ袋では出せないので、その際もリサイクル料金が必要となるのです。

そして肝心の引っ越し費用です。

単身の場合は引っ越し料金も少なく済むだろうと考える人が多いかもしれませんが、それはどこの業者に頼むか、またどれだけの荷物量があるかによって変わります。

例えば単身パック。

単身パックはリーズナブルな料金が魅力ですが、これは一つのコンテナに全ての荷物が入る場合のみ有効となっています。

なので大型の家具がある場合は、単身パックではなく通常の引っ越し料金を支払った方がお得というわけです。

業者はいくつもありますので、一括見積サイトなどで複数の業者に見積もりをお願いした方がいいでしょう。

そして引っ越しをした後です。

引っ越しをした後は家具や電化製品を揃える必要があります。

また必要な生活用品も新たに買わなければなりません。

そして単身の人はほとんどありませんが、周辺の家庭に挨拶をする場合は手土産も用意しなければなりません。

このように引っ越しは一度きりでもかなりのお金が必要になります。

当サイトでは引っ越し資金を安くする方法や、引っ越し資金を稼ぐ方法について紹介しています。

単身だから貯金がなくてもどうにかなると思わずに、ぜひ参考にしてみてください。

 


 

 

b_ornament_23_2L-1

 

上記に書いた記事を読んでもらうとわかると思いますが、引っ越しは出費がとても多いものです。

今まで貯金が出来なかった・・という人からすれば引っ越しを諦めたくなりますよね。

しかしそう悲観することはありません。

もしお金がないとしても、一時的にキャッシングで借りることができます。

これまでにキャッシングをして金融事故(借金の延滞、債務整理など)がなく、きちんと勤めていて毎月安定した収入があれば問題なく審査は通ります。

1ヶ月無利息で借りられるサービスもあります。

ですのでお金の面については心配する必要はないんですよ。

借りた後は当然返済していかなければなりませんので、借りる前に返済のシュミレーションをしておくといいですね。

金融機関のホームページには返済シュミレーターがありますので、それを利用して返済計画をたてておきましょう。

 

 

TOPへ戻る